最近の記事

家族構成
1長女 2003年生まれの10歳 “ひー”
2長男 2006年生まれの8歳 “けー”
3次女 2008年生まれの5歳 “ほー”
4三女 2010年生まれの3歳 “はー”
5妻 1人
6本人 子育てと仕事が趣味


2010年10月14日

同棲のススメ

gremz 育成ワード エコマーク



不謹慎なタイトルですいません(笑)

これ、他のブログでもちょっと触れたんですけど
結婚したい相手との婚前同棲

どう思います?


続きは下から!











欧米からやって来た新しいオークションの形
人気家電やブランド物、ゲーム、DVD が最大99%オフ
話題のペー二ーオークションサイト日本上陸!









自分は日本にいた時の彼女とは
半同棲状態でした
と言っても18〜20歳頃の話し、、、


彼女の家が大きなビルで
6人姉弟の大家族!(笑)

彼女以外は全部男って言うすごい家族で
彼女が一番上で後は弟(笑)

彼女の部屋に行くのに、裏の階段から上がれるので
家族と顔合わさなくても良いんで、気軽に行けるし(笑)


もう入り浸ってました(笑)


アメリカに住んでた時も
彼女が出来てからはずーっと同棲


みんな親元離れてて
一人暮らしが普通の状態だから

付き合う=同棲が普通の流れだったんですが(笑)


今の妻とも実は結婚前
半年ほど同棲してました(笑い)

そこで、同棲する事について
色々な事を学びました(笑)


一日中一緒にいる
四六時中一緒にいる

朝起きてそこに相手がいる
御飯の時そこに相手がいる
買い物行く時そこに相手がいる
テレビ見る時そこに相手がいる
夜寝るときそこに相手がいる


普通に付き合ったら見れないところ
そういう細かいところが見えて来ますよね
相手の性格がよく解って来る


だって普通に付き合ってたら
デートの時しか一緒にいないし
そんなの数時間で週何回かしか会えないし


もし、旅行に行ったりする機会が有るとしても
せいぜい3、4日の間だけ

お互い本音の部分は出さないでも
数日間なら平気ですよね
我慢できますよね


でもそれって普通の生活では無いですよね!


食べ物の好みとか
笑うポイントとか
趣味や何やら、、、


価値観や感性


そういう生活する上での基本的なところが
有る程度共通して無いと問題有りますよね!


その時一緒にいてストレスがやたら溜まったり
苦痛を感じるようであれば
結婚してからも問題有りですよね!


だから一緒に居ても
有る程度の緊張感は必要ですが
自然体でいられる相手が理想ですよね!

いつもの自分でも
お互い受け入れられるような存在


それを同棲する事によって
確認するんですよ!



良く相談されるのが


結婚すれば変わるかな?


と言う質問


特に女性から良く聞きますが


彼、趣味に没頭ばかりして
いつも放って置かれるんだけど、、、

スキ有らば浮気ばっかりしてるんだけど(笑)、、、

スゴクだらし無くて、部屋の片づけとかしなくって、、、


そんな内容で困ってるとかで
『ねーねー、結婚すれば変わってくれるよね?』
『少しは自覚してくれるよね?』
『子供が出来れば止めてくれるよね?』



結婚すれば変わってくれる?!?




ありえません!!!(笑)



断言します!


99%の場合変わりません!



変わるとしても良い方じゃ無くて
悪い方に変わる事はいくらでも有りますが、、、(笑)



だから結婚後の変化に期待しないで下さい!(笑)
劇的な変化とかほぼ有り得ません!


結婚はマジックじゃ有りません!



マギー司朗程度のマジックしか
期待しないで下さい(笑)

(マギーさん好きです!)



最後まで読んで頂いて有難う御座います


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



ブログランキングに参加しています!!!
応援して貰えると嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村


















マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!











posted by Hisashi at 03:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私も夫と結婚に踏み切るまで、数年間一緒に暮らしていました。イタリアでは、カトリック教会の影響も強く、一度結婚すると離婚が難しく難航するということもあってか(教会では離婚は認めていません)、同棲をする人が多い上に、子供がいるいないに関わらず、そのまま10年以上同棲しているという人も、周囲を見渡しでも大勢います。

生涯の決断を下す前には、相手をよく知っておくべきだという点では、同棲も大切な過程ではないかと思います。ただし、今はどうか分かりませんが、わたしが日本を発った頃は、まだ同棲への社会的偏見も多く、世間体のために同棲に踏み切るのが、難しい状況だったように覚えています。

わたしの場合、かつては公立校の教師であって、住民が皆知り合っているような小さな町の学校で働いていたからそうだったのであって、大都会で職場や実家、自分の住居が離れていればそういう社会的な抑制は少ないかもしれませんが……
Posted by なおこ at 2010年10月14日 05:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。