最近の記事

家族構成
1長女 2003年生まれの10歳 “ひー”
2長男 2006年生まれの8歳 “けー”
3次女 2008年生まれの5歳 “ほー”
4三女 2010年生まれの3歳 “はー”
5妻 1人
6本人 子育てと仕事が趣味


2010年03月11日

アメリカの接客、問題有り?

gremz 育成ワード エコマーク


アメリカに行って初期の頃

レストランで食事をするといつも

サービス業の接客の有り方に???でした








アメリカに住んでた時の話



レストラン等に行った時
まず、席に案内されて
注文を決めた後

日本なら手を上げたり
近くの定員さんを呼んで
注文しますよね

アメリカでこれやっても
「ちょっと待って」
って言われて待たされます
何故か?


答えは簡単!



レストランのウェイター
ウェイトレスは
担当のテーブルが
決められてるからなんです!

だから、自分の担当じゃないと
ちょっと待って
と声をかけるだけの時が
ほとんどです。

たまに例外は有りますが
基本的にそんな感じ、、、

だから最初にテーブルに
水やおしぼり等を持ってきた人の
顔を覚えないといけません



では何で担当のテーブルが
決められてるのか、、、、、?



これも簡単!
アメリカのサービス業は
(一部を除く)
チップ制だからです。


基本的に
自分の担当のテーブルの
お客さんのチップは自分の物


レストランによっては
お客さんに貰った
チップは一度全部集められて
従業員に分配する
何て仕組みも有りますが


だからキチンと
縄張りが決まってるんです(笑)


でも最初
このシステム面倒くさいな
チップもいちいち
計算しなくちゃいけないし
やめて欲しいと
思いましたが


意外にこの制度
必要なんだなと
思い始めたのは
アメリカ生活に慣れてきて
外食も増えて来てからです



アメリカでは
レストランなんかの支払いは
一部の例外を除いて
ほとんどテーブルで支払います


食べ終わったら
自分のテーブル担当の
ウェイトレス/ウェイターに
チェック下さいと言って
貰ってから
金額を確認して


サービスチャージが
含まれてない所は
チップとして
合計金額の10%〜15%を
チップとして置いて行きます

お釣りがちょうど
チップぐらいの金額の時は
「Keep the Change」
と言って
おっと、つりはいらないよ的なwww

それと
お金を払って
チップ代を計算して
例えば30ドルの食事で
10%のチップだと3ドル

それに対して40ドルで払った場合
「Give me 7dollars back」
「お釣り7ドルで良いから」
みたいにしたり、、、



されで何でチップ制が
必要だなと思ったかというと、、、

いつもの如く
長くなったので明日にします




マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!










最後まで読んで頂いて有難う御座います

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


ブログランキングに参加しています!!!
応援して貰えると嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村



相互リンクはこちらからお願いします。

posted by Hisashi at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142948713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。