最近の記事

家族構成
1長女 2003年生まれの10歳 “ひー”
2長男 2006年生まれの8歳 “けー”
3次女 2008年生まれの5歳 “ほー”
4三女 2010年生まれの3歳 “はー”
5妻 1人
6本人 子育てと仕事が趣味


2010年02月28日

手をつなぐ順番、アメリカと比べて




昨日に引き続き、海外生活についてですが

アメリカでの生活で、気づいた事を

私見ですが色々書いてみようかと、、、











ニュースとかで
うちの親の世代(60代)の人達が、
仕事を定年退職して
無趣味で仕事一筋だった人が
毎日何をして良いか解らなくて
一生懸命毎日やる事を見つけたりとか

いざ退職してみたら
それまで毎年沢山来ていた年賀状が
ピタッと来なくなって
その会社の肩書きに対しての
人付き合いでしか無かったと
人間不信になったとか

ちょっと切ないニュース
良く見ますよね。

いざ退職しても、あてにしていた年金も
一連の騒動で大変な事に
なりましたよね。

何の為に今まで
頑張ってきたのか
有ってはいけない悲しい現実が
今の日本の現状です。


別にその世代の人達を
否定/批判してるわけでは
全く有りません!
今の日本が有るのは
その世代の人達が
ガムシャラに頑張ったおかげだし
父の世代の人達が
戦後の日本を
どう生き抜いてきたかとか
尊敬もしてますし
憧れなんかも有ります。

その当時の日本企業の
武勇伝的な話とかも
自分は好きですし、、、

ただ自分がアメリカに行った時に
感じた事を比較してみただけです。

子供が独立して
結婚したら同居なんて
アメリカではとんでもない話で
親の方からお断りみたいな(笑)

老後は夫婦で悠々自適な
ゆっくりのんびりな生活
たまに子供達や孫が遊びに来て
そんな感じで老後も夫婦で
楽しんでるんです。

だから年を取っても楽しんで
各年代でみんなが
それぞれを楽しむ、
そんな光景に当時の日本との
違いを感じました。

だって80歳位の人が
若い年代の人達に混じって
テーマパークとか
ショッピングモールに
ウヨウヨ居るんですよ!

それだけ本当の意味での
バリアフリー化が
進んでいるからでも有るんですが
車椅子だって杖だって
みんなどこでも出かけます!


アメリカで家族が手をつないで
一緒に歩いているのを見ると
最初ちょっと何か違うな?と
違和感を覚えたりします
なぜか?解ります?

もちろん全員が全員ではなく
自分なりの体験のみの話ですが

日本の多くの家族と違い
それは、、、





手をつなぐ配列
そう順番?です。

日本の家族が手をつないで
歩いているところを想像して下さい



例えば子供が二人いたとして


パパ、子供、子供、ママ、や
パパ、子供、ママ、子供、等

そんな感じですよね、
(パパとママが逆も含む)
あ、もう解りました?




アメリカでよく見かける
家族一緒の風景は




子供、パパ、ママ、子供
です!

そう夫婦が手をつないで
その外側に子供達

もしくは夫婦で手をつなぎ
子供達は後ろから、、、


嘘だと思ったら
何かの機会に
観察してみて下さい。

先ずは夫婦ありきで
良いなーと思います

自分の目指すところでも有ります!





最後まで読んで頂いて有難う御座います

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


ブログランキングに参加しています!!!
応援して貰えると嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村






posted by Hisashi at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142274405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。